転職

転職と聞くとなんか辛抱強くないとか、我慢が足りないとか思い浮かべるんですけど、それだけではないと思います。

どうしても将来が見えない。自分の思い描いていた世界と違った。人間関係につかれる。報酬が少ない。仕事がきつすぎて体力が持たない。なんてことで転職するのは早いほうがいいのではないでしょうか。

特に看護婦なんかはその傾向があります。悩んでいる暇がないほど忙しいのでしょうが、夜勤など不規則な生活で肌へのダメージも相当なもの。家のことを考えると近場でないと通えないので看護婦求人東京の看護婦紹介サイトに登録しておくと向こうから連絡をしてくれるらしい。

将来のことなんかだとやりがいにつながらないでしょうし、お金の問題は一番大切なこと。一人ひとり必要な金額も違うんだからそれは恥ずかしいことでもなければ、強欲なことでもない。体力なんかの問題は気力にもつながるし、放っておけば病気になることだってある。これも一人ひとり体格が違うように体力も違うのです。

そんなことを我慢し続けてもいいことはない。

思い切って新しい世界へ移り、自分の心地よい居場所を見つけることが心も健康で、あなた自身の幸せにつながるでしょう。

東京で転職

看護師として働いてはみたものの、思っていたより仕事がハードで報酬も少なく、また人間関係の煩わしさにうつ状態に・・・。

このままでは、いけないと思い他の仕事を探すのですが、自分自身で納得のいくような仕事が見つけられませんでした。半年間悩みに悩んだ末、もう一度看護婦としてやり直そうと決めたのです。

元の職場には行けないので、看護婦の東京求人サイトを見て、なんとかいくつか紹介してもらい、もう一度、看護の世界へ飛び込みました。今度の病院は雰囲気も良く、私もすぐに溶け込むことができ、仕事もいきなりハードなものは心配だったので、希望どうり軽めの仕事から慣れさせていただき、今では夜勤もかなしてバリバリ働いています。

思い切って転職してよかったと思う今日この頃です。